アルクは、テレワーク(在宅勤務)でもグローバル人材育成を完全サポートします。

アルクは、テレワーク(在宅勤務)でもグローバル人材育成を完全サポートします。

今、お困りではないですか・・・

  • 新入社員自宅待機となり、研修が進まない、時間が余ってしまっている...
  • 海外赴任予定者に事前の海外研修を予定していたが、目途が立たたない...
  • 海外出張の代わりにオンライン会議が増え、英語での会議に苦労している...

グローバル人材育成に必要な語学研修ですが、重要なポイントの一つは、適切なタイミングでインプット・アウトプット・ビジネススキルなどのプログラムを組み合わせてスキルアップしていくことです。例えば、対面研修や海外研修ができず、育成計画が中断してしまうことは、ただ中断するだけではなく、それまでの研修で身につけたスキルを後退させてしまうこともあります。

現在のテレワーク推進の状況でもオンライン研修や自己学習プログラムを適切に組み合わせることで、対応が可能です。現在、上記のような課題でお困りでしたら、ぜひ一度アルクへご相談ください。

オンライン集合研修

新入社員研修、昇格研修など、対面での集合研修ができない状況でも、オンライン上で集合研修が可能です。

TOEIC研修、ビジネス英語、プレゼンテーション... など様々なプログラムをご用意しています。
まずはお問い合わせください。
※Zoom,Teams など、オンライン会議のプラットフォームにつきましてはご相談に応じます。

導入事例

A社 新入社員研修

利用プログラム
Active Business Communication
実施期間
1カ月間
対象
新入社員30名(TOEIC 600~900)
目標
ビジネスとしての英語コミュニケーションの理解、ネイティブスピーカーとの会話に慣れる
概要
英語力は高いが、新入社員であるため、今後業務で必須となる社会人としてのビジネス英語コミュニケーションを理解し、実ビジネスで使える英語の基盤を養成するために実施。自宅待機となった新入社員をレベル別に分け、Zoomを用いて1回3時間、計8回の研修を実施。

B社 新入社員研修

利用プログラム
TOEIC研修
実施期間
4日間
対象
新入社員120名(TOEIC 600点未満)
目標
TOEIC®L&Rテスト600点以上取得
概要
計6クラス、1クラス20名にて実施。更に20名をレベル別に2グループに分けて、1時間目は20名合同のZoomレッスン、2時間目は半数がZoomレッスン、もう半数が、課題学習を行い、3時間目は反対のグループがZoomレッスンを行う形式で、午前、午後、1日6時間、計4日間の研修として実施。 Zoom研修では対面よりも集中力が途切れやすい点を1時間ごとにレッスンを区切ることでメリハリのある授業を展開。

貴社のご要望をお伺いしたうえで、
最適なプログラムをご提案させていただきます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

自己学習プログラム

テレワークでも自宅学習が可能な様々な自己学習プログラムをご用意しています。

通信教育講座
TOEIC®L&Rテスト対策から、ビジネス英語まで、レベルやスキルにあわせた様々な講座をご用意しています。
アルクオンライン英会話
受講満足度の97.7%以上
ネイティブ・バイリンガル講師によるレッスンを24時間、どこからでも受講できます。
(※2018年12月アルク調べ)
eラーニング
ALC NetAcademy NEXT
1,100の全国教育機関・企業での採用実績!
PCのほか、スマートフォンやタブレットでも利用可能です。
(※ALC NetAcademyシリーズ累計)

導入事例

A社 新入社員研修

自己学習プログラムに加え、学習アドバイザーを活用

利用プログラム
eラーニング(ALC NetAcademy NEXT)、通信教育講座 +ESACスタディグループ
実施期間
上期(6カ月間)、下期(3カ月間)
対象
新入社員
目標
TOEIC®L&Rテスト600点以上
概要
eラーニング、通信教育講座と並行して、配属先拠点でスタディグループを編成し、定期的に、ESAC学習アドバイザーが訪問。学習アドバイスやTOEIC等の試験対策も実施。

B社 昇格者対象研修

通信教育講座の受講期間(事前、途中、事後)にあわせてモチベーションアップ、学習法などのセミナーを実施

利用プログラム
通信教育講座+セミナー
実施期間
6カ月間
対象
昇格者のうちTOEIC®L&Rテスト470点未達者
目標
TOEIC®L&Rテスト470点以上取得
概要
通信教育講座受講の事前、途中、事後にセミナーを実施して学習状況をフォロー。

貴社のご要望をお伺いしたうえで、
最適なプログラムをご提案させていただきます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページトップへ
ページトップへ