世界のビジネスパーソンとよい関係を築き、仕事で成果を上げるためのスキルとマインドセットを。 株式会社アルクエデュケーション 代表取締役社長 藤井 紀行

グローバルビジネスをリードする人材の育成に必要なこととは? スキルとマインドセットの革新を

ChatGPTのような生成AIがどんどん発展してきています。日本企業のグローバル化は、とりわけ日本人の英語への苦手意識がハードルとなっていた面があったように思います。ですが、生成AIや自動翻訳ツールの精度が向上し、言葉のハードルが低くなってきた今こそ、グローバルビジネスに乗り出すチャンスです。

国内のビジネスでもそうですが、グローバルビジネスでも、やはり生のコミュニケーションが重要です。こういうデジタル時代だからこそ相手とより良い関係を築く力は、今まで以上に重要になるでしょう。

ビジネスで成果を出していくことがゴールである以上、一定程度の英語基礎力が身についている社員には、単に英会話を学ばせるのではなく、実のある会議にするためのファシリテーションのスキルや、ロジカルシンキングをベースにした説得力のある伝え方のスキルを習得させるなど、実践的なコミュニケーションのトレーニングを実施することが重要でしょう。

グローバルビジネスでは、相手の文化的背景やコミュニケーションのコンテクストも違うので、それらの違いを知り、十分なトレーニングをしておくべきだと思います。

また、同様に重要なのは、「必ず成功させてやるんだ」という気概や熱意を持つことと、率先垂範の姿勢です。熱意や覚悟を持つことによって人を動かすことができます。スキルだけでは人を動かせません。
こうしたマインドを養成するための方法としては、社外のビジネスパーソンや講師、海外研修といった、いつも一緒に仕事をしていない人、他業界の人たちと学べる機会を提供することも一つです。これが刺激になって、外には自分よりすごい人たちがいるものだ、もっとやらなきゃ、と心に火がつく人が出てきます。そういう人たちがこれからのビジネスをリードしていく人になると思います。

Class Unlimitedとは? 手間を省き、成果を最大化する
グローバル人材育成の新たな選択肢

弊社は、創業から30年におよび、4,000社近い法人のお客様に語学研修、グローバル人材育成プログラムを提供してまいりました。
現在は、コロナもある程度収束し、個々の企業様のオンサイトでの集合研修も一定のニーズがあるものの、オンライン形式でのお客様ニーズが高まっています。また、集合研修を企画して実施、運営するのは、人手不足でなかなか大変な状況で、企業にとって大きな負担となっています。
そのような背景がある中、人材育成ご担当者様の手間を省き、社員一人からでもご利用いただけ、かつ、これまで実績がある優れたグローバル人材育成プログラムをベースに、実践的な環境でたくさんのコミュニケーショントレーニングができるサービスを提供しようとなりました。それがClass Unlimitedです。

日程調整 必要なし 場所確保 必要なし 教材手配 必要なし 人数制限 必要なし 出欠確認 必要なし 企画打ち合わせ 必要なし 階層/目的別 すべてOK 研修立ち合い 必要なし

グローバルビジネスの実践力を高める
トレーニングプログラム

英語はツール。ゴールは、世界のビジネスパーソンとよい関係を築き、仕事で成果を上げられるようにすることです。
Class Unlimitedは、そのために必要となるコミュニケーションスキル、人との関わり方、人の動かし方などを繰り返しトレーニングし、自分のスキルとして実践できるように設計したオンラインによるライブでの学び放題プログラムです。

本プログラムは、実践(本番の仕事)に向けたリハーサルと考えていただけるとよいです。
一般的な英会話スクールやオンライン英会話とは一線を画すものです。仕事、とりわけグローバルビジネスの実践に必要な、コミュニケーションのスキルをすべて網羅しました。

実践の量:受講回数・頻度、発話量、継続反復量/実践の環境:多様性、緊張感、集団形式/実践の質:フィードバック評価システム、ビジネススキルの獲得、言語力の向上

プログラムの提供にあたっては、従来の語学研修でありがちになっていた、「学習」と「ビジネスで求められる実践」とのギャップがあったため、それを埋めるための【プログラムの質】【練習量】【学習環境】にこだわりました。

「質」は30年に及ぶグローバル人材育成トレーニングの中から、定番となっている高品質のプログラムを選定しました。当然講師は、ビジネスコミュニケーション上での適切なフィードバックができる講師です。
「量」は、スキルが定着するまでアウトプットの練習を繰り返し、何度でもレッスンを受講できる学び放題形式としました。
「環境」は、実際のビジネスに近く、社外のビジネスパーソンと共にトレーニングするため一定の緊張感があります。そういう環境の中で実践力を磨いていただけます。

人材育成の新たなスタンダードへ

Class Unlimitedに多様なコースがすでにあり、受講環境も整っているので、人材育成ご担当者様は準備、手間要らずです。導入および受講対象者が決まれば、すぐにその社員のニーズにあったトレーニングを開始していただけます。
受講者のグローバルコミュニケーションに必要な成長を促進する革新的なプラットフォームとして、Class Unlimitedは人材育成の新たなスタンダードを確立します

「英語ができる」という磨かれたバットを持ちながらも、いざ打席に立つと打てないという社員へ。 株式会社アルクエデュケーション Class Unlimitedチーム 茂木 麻希

グローバルな現場で働く方にとって、「英語力がもっとあればなぁ」と悩ましく思う瞬間は多くあることでしょう。
私自身、学生時代から英語学習に時間を費やしてきました。新卒の時にはTOEIC900点を持つ即戦力として採用され、英語での業務を担当するようになりました。しかし、英語が母国語ではない私にとって、英語を使う業務は決して楽ではありませんでした。プレゼンや会議のための英語資料の準備は万全だったとしても、心の準備ができず眠れない日があったり、いざ当日を迎えると用意していたことの1割も発揮できず、場の雰囲気を悪くしてしまうようなこともありました。また、時には英語の正確さよりも、柔軟性や瞬発力が求められるシーンもあり、うまく対応できなかった時の後味の悪さがいまだに苦い記憶として残っています。
ビジネスに関することであれば組織の知見に頼ることができますが、ビジネス英語となると身近に頼れる人がほとんどおらず、自己研鑽で解決しようにも、当時の私は、具体的にどのようにして鍛えるべきなのか分からず、オンライン英会話や試験勉強での「学び直し」に留まっていました。

「学びなおし」という名の遠回り

しかし、振り返ると、必要なスキルを身につけるために私は遠回りしていたのかもしれないと思います。

終わりのない英語学習の迷路の中で抜け出せずにいて、仕事での成果に繋がらない。そんなモヤモヤを抱えたことはありませんか。中上級レベル(TOEIC600点)以上の英語力を持つ方に求められているのは、バット(言語力)を磨くことではありません。むしろ、バッターボックスに立ち、タイミングや角度、力加減をその場で判断して打つ能力、つまりビジネスでの成果に直結する「実践力」が必要です。

失敗するほどの挑戦をしなければ得られないものがある

本当に力をつけるためには、バッターボックスに何度も立って挑戦することが近道です。居心地の良い環境での勉強だけでは限定的な成果しか得られません。挑戦を重ねることで成長し、失敗から学び、新たなスキルを磨くことができます。
しかし、そうはいってもそれは綺麗事で、ビジネスの現場において失敗してもいいような状況はなかなかありません。準備や経験なしに現場に臨むのは、手ぶらで打席に立つようなもので、それを日々の業務で繰り返していては心が擦り切れてしまいそうです。

そこで、私たちが提供する「Class Unlimited」では、「失敗してもよい実践の場」を提供します。ビジネスに最も近いシチュエーションで学び、何度も挑戦できるように受講回数無制限です。法人研修特化で実績のあるアルクエデュケーションのビジネス英語研修から厳選されたカリキュラムを適用しています。さらにアウトプットを重視して学びを得るように設計し、実践力にこだわったカリキュラムが用意されています。

学習と実践のギャップに悩む社員へ

今回作成したコンセプトヴィジュアルでは、英語学習とビジネス実践の間にあるギャップに直面し、恐れを抱く人や追い詰められた人が描かれています。貴社の社員が似た状況にいるのではないかという危機感を感じたら、Class Unlimitedは貴社のためのサービスです。

一人で英語学習に取り組むことには限界がありますが、Class Unlimitedにはグローバルな現場での活躍を求める刺激的なビジネスパーソンが集まり、緊張感をもって共に実践練習を行っていきます。また指導経験豊富な講師陣が貴社の社員が抱える課題を的確に判断してフィードバックを行います。Class Unlimitedが貴社の社員のグローバルキャリアをサポートします
ぜび、この機会にご活用いただき、その価値をご実感ください。

ページトップへ