グローバル人材育成の総合ソリューションパートナー 株式会社アルクエデュケーション

書籍事例紹介
『新装版 TOEIC® テスト スーパー英単語』大学における授業での活用



准教授 神谷 雅仁 先生
上智大学短期大学部 英語科


本書にはTOEIC® Test における語彙力アップのためのエッセンスがたっぷり詰まっています。他の類似本との比較においても、使いやすさはもちろんのこと、この1冊で様々なレベルの学習者をカバーし、さらには語彙学習における具体的なTOEIC対策・攻略を可能にしてくれるため、大いに役立つ一冊です。


具体的な本書の「魅力」は後述するとして、まずは私が勤務する上智大学短期大学部(以下、上智短大)英語科の授業でどのように本書を活用しているかについて少し触れておきます。上智短大では、就職や編入学において必要とされるTOEIC® Testのスコアを学生の英語力を測る指標と定めているため、TOEIC対策には全学的に力を入れています。私の教える必修英語という授業はTOEIC対策の授業ではありませんが、英語の学習にはどのようなスキルの鍛錬においてもまず「語彙力強化」が必須ですので、本書が副教材として指定されています。学生たちは日々、本書に載っている語彙をひとつずつ根気よく覚え、日本語の意味や例文、そして用法を確認し、学期を通して6回ほどのVocabulary Quiz でその理解度をチェックします。学期が終わる頃には、学生は基本的なTOEIC頻出語句から、高得点を狙うための難攻語句まで、ボキャブラリーの数を大幅に増やすことができます。

書籍の3つの特徴

さて、それでは本書の特徴でもあり、またエッセンスとなる魅力について具体的に見ていきましょう。いろいろなポイントがある中で、私は特に以下の3点について触れたいと思います。


  1. 語句の重要度によるランク付け まずは①の「ランク付け」について。本書は語彙の「重要度」を示す星(★)の数により5つの章に分かれています。星の数が多ければ多いほどTOEIC® Test においてその重要性が増すため、例えば五つ星は「今すぐ必要な最重要語彙」、反対に一つ星は「高得点狙いの語彙」と位置付けられています。まだTOEIC® Testに慣れていない学習者や、スコアの高くない学習者は五つ星の180語を徹底的に頭に入れるところから始め、逆に英語力の高い学習者は一つ星の難易度の高い語彙に集中できるため、効率的な時間の使い方が可能となります。このランク付けが「450点から900点突破まで」を標榜する本書の特徴です。私の授業でも学生たちは自らの英語レベルやビジネス単語への慣れに応じて、弱点克服のために章単位で上手に時間配分をしているようです。
  2. ビジネス感満載の例文 次に②の「ビジネス感満載の例文」ですが、本書の見出しとなっている語句にはすべて例文がついています。学習者は各語彙が例文の中でどのように使われているかを確認しながら覚えられるため、より定着度が高まります。それだけでもうれしいのですが、さらに本書の中に出てくる例文はほとんどがビジネスやその他の「大人の」社会生活に関わる内容を伴っていますので、特にまだ社会人として仕事に就いていない大学生にとっては、それらの例文を通して英語の語彙を学ぶだけでなく、いわゆるビジネス用語やビジネスに関わる概念・慣習なども身近に感じられるようになっていきます。本書の例文はビジネスシーンからの出題を多く含むTOEIC® Testとの親和性が非常に高いと言えます。
  3. スペシャリストの一言コメント 最後に③の「スペシャリストの一言コメント」ですが、実はこれが意外にも(?)学習者にうけています(少なくとも私の授業を受けている学生には評判上々です)。本書の著者である5人のTOEICエキスパートが、自分たちの受験経験からそれぞれの語彙が実際のTOEIC® Testの中でどのように使われるかを分析した一口メモは、読んだ後に思わず「う~ん、その通り!」と相槌を打ちたくなるようなアドバイスばかりです。例えばヒルキ氏は動詞manageについて「「・・・・・・を管理する」 という意味では各パート幅広く、「何とか~する」の意味ではPart 2, 3の会話に出る」(p.211)と言っています。確かに会話の中で使われる"manage to ~" は「何とか~する」の意味で使われることの方が多いように感じます。

このように、本書はいわゆるTOEICの「英単語本」ではありますが、上智短大英語科の学生たちも語彙力強化のために日々使用している教材です。

TOEIC(R)L&Rテスト直前の技術

『新装版 TOEIC® テスト スーパー英単語』(アルク)

試験に出ない語、満点を目指す人以外に必要のない語を大量に含んだ単語集を使って、貴重な学習時間を無駄にしてしまってはいませんか? 本書に収録されている1005語(関連語を合わせると計3000語)は、TOEICを知り尽くした5人のエキスパートが「450点レベルの学習者が900点を突破するまでに覚えるべきものだけ」に絞り込んだ超重要語ばかり。受験回数、指導経験、関連の著作物など、どれをとっても最強の著者陣が作った単語集なので、最高効率の学習ができます。

Contact

[東京本社]

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-6 市ヶ谷ビル



ページトップへ