グローバル人材育成の総合ソリューションパートナー アルク

英単語パワーアップコース 医学・医療編

無料トライアルをご希望のお客様

目的/コース内容

目的

医学・医療の世界では、研究の場だけでなく病院や薬局などの現場でも、英語が必要とされる機会が増えています。医学・医療に携わる方々は、ある程度のレベルの一般的な英語力に加え、自分の携わる分野の専門用語の習得が必須です。本コースでは、医学の基礎となる語彙から臨床医学、看護、薬学まで、7分野にわたる幅広い医学・医療の専門用語を効率よく覚えられます。学会などですぐに役立つ「使えるフレーズ集」も収録!

コース内容

分野 収録語彙数 合計
人体の構造 640 4352
症候と疾患 640
診察と臨床検査 640
保健医療 640
看護とケア 640
薬剤 640
生命科学 512
  • 「人体の構造」「症候と疾患」「診察と臨床検査」「保健医療」「看護とケア」「薬剤」「生命科学」の6分野について、それぞれの分野のプロフェッショナルが英単語や語句を厳選しています。
  • 専門性の高い語彙は、日本語の解説が付いているので、専門分野の知識も合わせて身に付けることができます。
  • 様々な形式のドリルで必須語彙を徹底演習。4ユニットに1回確認テストがあり、定着度を確認しながら学習を進められます。
  • 「使えるフレーズ集」を除くすべての学習がスマートフォンでできます。通勤・通学時に、ちょっとしたスキマ時間に、どんどん語彙を覚えられます。
  • 覚えられなかった語彙は、自動的に個人専用の「語彙ブラックリスト」入り。後でまとめて復習できます。
    ※例文は一部の語彙のみについています。

本コースは、8つのサブコースで構成されています。語彙の学習は、分野ごとにサブコースが分かれています。
各サブコース内では、以下の流れで学習ができます。

❶ 学習前に語彙力をチェック
❷ 専門用語の英単語、音声、日本語訳、専門知識をまとめて学習
❸ 4ユニット(32語)学習するごとに、確認テストで実力チェック
❹ 学習後に再度語彙力をチェック

また、最後の「使えるフレーズ集」サブコースでは分野を問わず学会等で使える英語表現を使い、繰り返し音を聞き、発話をするトレーニングができます。

開始レベルの目安▶TOEIC450点程度~
※ESP教材には明確な「レベル」はありません。その分野の語彙や表現を身につけることが目標となります。

※1ユニットにつき8つの語句を学習します。
※語彙学習のサブコースでは、4ユニットに1回「確認テスト」があります。
※開発中の製品のため、詳細については変更となる可能性があります。

学習コースで行う内容

学習ユニット

<学習の流れ>
学習ユニットでは、理系の専門用語のつづり、音、意味、そしてその語句が表す専門知識の内容を覚えるためのトレーニングを行います。

  • STEP 1 語彙フラッシュカード

    ユニットで学習する8つの語句をフラッシュカードで確認します。英語のつづり、音、そして日本語訳を繰り返し見たり聞いたりすることで、記憶に定着させていきます。

    • 1ユニットあたりの出題語数は8つです。
    • 8つのカードをすべて見るまで次のステップに進めません。
  • STEP 2 英日・日英語彙ドリル

    Step 1で覚えた語句の確認をします。英語を見て日本語を答える問題、日本語を見て英語を答える問題が出題されます。8つの語句すべての英日・日英両方の問題に正解するまで出題は続きます。

    • 制限時間はありません。
    • 1回正解した問題は出題されなくなります。
  • STEP 3 サウンド・マッチ

    英単語・語句の音声を聞いて、日本語の意味を選ぶ4択問題です。

    • 制限時間はありません。
    • 音声は何度でも聞くことができます。
  • STEP 4 日英語義問題/1文1空所穴埋め問題/イラストマッチ

    日本語訳を見て英語の語句を答える問題と、英文の空所に入る英単語を選ぶ問題、画像を見てそれぞれの部位を表す英単語を答える問題の3パターンがあります。

    • 「日英語義問パターンがあります題」と「イラスト・マッチ」の「解説」ページでは、出題された専門用語に関する解説を読むことができます。
  • STEP 5 語彙ドリル

    ユニットで学習した語句のドリルを行います。2回以上不正解だった語句は、語彙ブラックリストに登録されます。

    • 各語句を2回出題。そのうち1回不正解だったものはもう1回出題されます(最大3回)。
    • 3回のうち2回以上不正解だったものは、語彙ブラックリストに自動的に登録されます。
    • 制限時間は1問につき5秒です。

    上:問題画面 英単語の意味を5秒以内に2択から選びます。
    下:結果画面 ブラックリスト入りした単語に印が付きます。

確認テスト

<確認テストの流れ> 制限時間:15分
語彙学習のサブコースには、4つの学習ユニットを学習するごとに1回、確認テストがあります。確認テストでは、直前の4ユニットで学習した語彙がすべて出題されます。 また、サブコースの最初と最後には実力テストがあり、サブコース全体の中からそれぞれ80問が出題されます。

  • Part 1 英日語義問題(32問)

    英語を見て日本語の意味を答える問題です。直前の4ユニットで学習した32語すべてが出題されます。

  • Part 2 サウンド・マッチ(10問)

    英語の音声を聞いて、日本語訳を選ぶ4択問題です。直前の4ユニットで学習した32語の中から10語を選んで出題されます。

    • 音声は何度でも再生できます。
  • Part 3 解説マッチ問題/イラスト・マッチ/1文1空所穴埋め問題(12問)

    学習語の解説文(日本語)を読んで英語の語句を答える問題、画像を見てその部位を指す語句を答える問題、例文の空所に入る適切な語句を選ぶ問題のいずれかを出題。語句が表す専門的な内容まで理解できているかどうかを確認します。

実力テスト

<実力テストの流れ> 制限時間:30分

  • Part 1 英日語義問題(30問)

    英語を見て日本語の意味を答える問題です。サブコースで学ぶ語句全体のうち30問が出題されます。確認テストのPart 2、3に出題される問題との重複はありません。

  • Part 2 日英語義問題(30問)

    日本語訳を見て、それと同じ意味の英語の語句を答える問題です。サブコースで学ぶ語句全体のうち30問が出題されます。確認テストのPart 2、3に出題される問題との重複はありません。

  • Part 3 解説マッチ問題/1文1空所穴埋め問題(20問)

    学習語の解説文(日本語)を読み、それに合う英語の語彙を答える問題、日本語文を見て英文の空所に入る適切な語句を選ぶ問題のいずれかを出題。確認テストのPart 2、3に出題される問題との重複はありません。

使えるフレーズ集

<確認テストの流れ> 制限時間:15分
「使えるフレーズ集」サブコースでは、学会での発表やその後のレセプションパーティーなどで専門分野を問わずに使える英語のフレーズを学びます。フレーズを実際に「使える」ようになるため、最後は発話のトレーニングも行います。

  • Step 1 語彙フラッシュカード

    ユニットで学習するフレーズに含まれる重要な語句を、フラッシュカード形式でインプットします。

    • 10語句出題されます。
    • すべての語句を1回見終わるまで、次のステップに進むことができません。
  • Step 2 スピード・リスニング

    1.0倍、1.2倍、1.4倍の速さで、各フレーズの音声が聞けます。繰り返し聞いて、英語の音や速さに耳を慣らします。

    • すべての音声を通して2回聞くまで、次のステップに進むことができません。
    • このユニットで学ぶ10文の音声が流れます。
  • Step 3 部分ディクテーション

    英語の音声を聞き、空所に入る適切な語句を入力して、英文を完成させます。

    • このユニットで学ぶ10文が出題されます。
    • 音声は繰り返し聞くことができます。
    • ヒントを表示すると、空所に入る単語の最初の文字を確認できます。
  • Step 4 リピーティング

    このユニットで学習した英文の発話練習を行います。

    • 音声認識機能を利用します。モバイル環境(スマートフォン、タブレット)では利用できません。
    • マイクが必要です。
    • 声をしっかり出さないと学習が進まないようになっています。

    英文の音声を聞き、自分でも発話をする練習です。インプットの強化につながるだけでなく、スピーキングの基礎トレーニングにもなります。

Contact

ページトップへ