グローバル人材育成の総合ソリューションパートナー アルク

アルク英語研修プログラム
教職員向けプログラム

お見積り・お問い合わせ

Faculty Development

下記研修例は一部です。大学毎のカスタマイズ研修が可能です。

Intercultural Communication Program

グローバル対応力を育てる「3つのファクター」であるマインドセット、コミュニケーションスキル、異文化理解・対応力を中心に習得します。知識の習得にとどまらず、行動の変容をもたらすアプローチにより、実務で実践・適用できるグローバル対応力を醸成します。

  • 異文化と能動的に関わるために必要なマインド、姿勢を獲得する
  • グローバル人材に求められるコミュニケーションスキルを習得する
  • 異文化理解・対応力を身につける

受講対象者 海外からの留学生、外国籍の教職員のいる環境で働く方

Teaching Effectively in English 英語で授業を教えるために

英語で効果的な授業をするために必要なことについて考え、準備の第一歩を踏み出すためのプログラムです。
経験豊富な講師による丁寧な指導、実際の初回授業の一部を英語で実施するなど、実践的な演習を組み込んだインタラクティブなレッスンです。

  • 日本語から英語への移行をスムーズにする方法について考える
  • 英語で学ぶノン・ネイティブ・スピーカーへの対応と配慮について考える
  • 異なった価値観やコミュニケーション・スタイルを持つ学生への対応を考える
  • 北米の大学で実践されている教授法について知り、自分の授業を見直す契機とする

受講対象者 これから英語で授業をする予定の教員の方

FD Program for Japanese Professors (ネブラスカ大学オマハ校での海外研修)

プログラム概要

期間 1週間
参加人数 最低8名  最大12名
対象 現在英語で授業を行われている教員の方
近い将来英語で授業を行う予定がある教員の方
英語で授業を行うことに高い関心をもつ教員の方
本研修は英語で行われるため、相応する英語力(TOEIC750点以上目安)が必要になります。
英語レベルチェック 参加者の方には英語スピーキングレベル確認テスト、
TSST(Telephone Standard Speaking Test )をお申込み時に受験頂きます。
研修機関 アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ市(※1)
ネブラスカ大学オマハ校 / University of Nebraska at Omaha (略称:UNO) (※2)
修了証 アプログラム修了時に、Certificate(修了証)がネブラスカ大学オマハ校より授与されます。
プログラム概要 FDワークショップ (Faculty Development Workshops)
FD専門教授および講師から効果的な教授法、クラス運営法、コミュニケーション方法などを学んでいただきます。

大学、大学院のクラス聴講 (Class Observations)
参加者の専門分野と同様あるいは関連する分野のクラスを聴講していただき、英語で講義を行う際のヒントを習得していただきます。

大学教員との交流 (Networking)
参加者の専門分野と同様あるいは関連する分野の大学教員と直接対話する機会をもち、情報/意見交換、コンサルテーション、ネットワーキングなど、積極的に交流していただきます。

英語で模擬授業 (Presentations & Evaluations)
FDワークショップやクラス聴講で学んだことを生かしながら模擬授業の練習をしていただき、プログラムの終盤には各参加者に模擬授業を発表していただきます。ビデオ撮影も行います。模擬授業終了後、教授や講師から個別に評価、フィードバックをしてもらいます。

(※1)アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ市

ネブラスカ州は、米国中西部の大草原地域に属し、日本の本州程度の面積に約176万人の人口を有しています。大陸中央部に位置するため、典型的な大陸性気候で冬と春の寒暖の差が大きく、春と秋は比較的短くなります。オマハ市は州の東端にある人口約40万人の州最大の都市で、アメリカ東西を結ぶ商業の中心地的役割を果たしています。また日本との交流も深く、静岡市とは1965年から姉妹都市提携をしています。

(※1)ネブラスカ大学オマハ校 / University of Nebraska at Omaha (略称:UNO)

1908年創立の総合大学。オマハのダウンタウンから車で約15分。創立時から、オマハ地域と密接な関わりがある大学です。UNOには大学・大学院併せて約14,000人が在籍し、200以上のコースがあります。大学院では工学、経営管理、教育、科学、情報科学を始めとして、隣接する大学病院(UNMC: The University of Nebraska Medical Center) では、医学、薬学、社会医学などが提供されています。またアジア、ヨーロッパの大学と姉妹校提携をしており、外国人留学生を積極的に受け入れています。

  • 海外大学FD研修 現地視察レポート

    大学の教員向け FD 研修が毎年夏、ネブラスカ大学オマハ校(アメリカ)で行われ、多くの参加者が英語で授業をするための力を付けてきました。現地を視察したアルク福岡支店の森山 光が、研修の詳しい内容をご案内します。

大学教員のための英文アカデミックライティング研修

大学教員のための英語論文執筆に必要な基本的ライティング力を身につけるための実践的なプログラムです。

  • 曖昧な日本語を正確に英訳するコツを理解する
  • センテンスのパラレル構造の使い方を学ぶ
  • アカデミックな接続詞の使い方を学ぶ
  • パラフレージングのコツを学ぶ
  • パラグラフの構成と書き方を学ぶ
  • 英語論文に特有な表現を学ぶ

受講対象者 将来英語での論文を書く予定の教員の方

大学教員のための英語プレゼンテーション研修

大学教員を対象とした国際会議やワークショップ、ミーティング等において、プレゼンテーションを円滑に行える能力を習得するための実践的なプログラムです。

  • プレゼンテーションの基本概念を習得
  • 実践的なプレゼンテーションの表現を身に付ける
  • 実際にプレゼンテーションを作成、改善し、発表する
  • 講師や受講生同士によるフィードバックから学ぶ

受講対象者 将来英語でのプレゼンテーションを予定している教員の方

Staff Development

TOEIC®テスト対策 R&Bインサイド [入門・470点・600点・730点]

スコアアップと実践力の向上を同時に実現するプログラムです。まず、TOEIC®テストの形式や傾向をつかみ、テストの各パートを効果的に攻略するストラテジーを身につけます。一方で、基礎的な語彙力・文法力・リーディングスキルの向上を図り、同時にR&Bプログラムのメソッドを取り入れて、実践的な英語コミュニケーション力アップにつなげます。

  • 目標スコアの達成
  • 実務に応用できる英語基礎力の習得
  • 自己学習の習慣化

対象レベル 入門(TOEIC®300点~) / TOEIC®470点レベル / TOEIC®600~730点レベル

Practical Workplace English (PWE)

eメールライティング・電話のやりとり・レポートライティングなど、職場での日常的なビジネスコミュニケーションに必須のスキルを養成するプログラムです。使用頻度が高く、かつ効果的な表現を習得するとともに、実際のビジネスシーンを想定したロールプレイやシミュレーションを通して、実践的で即職場で使えるスキルを身につけます。クラス外での自己学習にも最適なテキストを使用します。

  • eメールライティングスキルの習得
  • 電話応対スキルの習得
  • レポートラインティングスキルの習得

対象レベル TOEIC®350点以上

講師から「英語で授業を行うための研修」のご紹介

導入事例

  • FD研修

    東京工業大学

    教育改革を先導する東京工業大学教育革新センター

    2019/1

  • FD研修

    福岡大学様

    英語での授業を効果的に行うための大学教員向け研修

    2015/11 マガジンアルク掲載

Contact

ページトップへ